梅酢の活用と使い道!ちょい足しでおいしいレシピ

スポンサーリンク
お酢のレシピ

梅酢の原料は、梅と塩のみ。いわゆる梅干しをつくる工程で発生する液体ですが、そのままのものは白梅酢、赤シソを加えたものが赤梅酢になります。

スポンサーリンク

梅酢の効果・効能

疲労回復、整腸作用、コレステロール低下、殺菌、解毒、血糖値の上昇を抑える効果等々、梅酢の効能は、健康効果抜群です。

 

梅100%の梅酢は、梅のもつクエン酸等の栄養素がたっぷり。これが、医者いらずと言われる所以ですね。

 

梅酢を活用したレシピ5選

栄養たっぷりの梅酢を使ったレシピを紹介します。

 

即席漬け

大根、きゅうり、ナス等、お家にある野菜を適当な大きさにカットしましょう。

 

それを保存袋、もしくは保存容器に入れて、梅酢をかけて、30分ほど置くだけです。時間のない時は、保存袋に入れて、もみこんでもOK。炊き立てのご飯のおともに、どうぞ。

 

冷え性にもおすすめの梅酢ドリンク

材料は、梅酢小さじ1杯、水500cc、もしくはお湯500cc、好みでハチミツ少々。

カップに水、もしくはお湯を入れて、その上から、梅酢、好みによってハチミツを入れて、混ぜるだけです。暑い夏、寒い冬、季節に合わせて、どうぞ。

 

新ショウガの梅酢づけ

材料は、新ショウガ300g、下ごしらえの塩小さじ1/2、昆布だし180ml、梅酢120ml、砂糖大さじ5杯、塩小さじ1/2

 

新ショウガの赤い部分と先を切り落とし、キレイな部分をできるだけ薄くカットしましょう。

 

5分ほど水にさらしたら、湯を沸かした鍋に入れ2~3分ほど茹でます。大きめのざるに上げ、下ごしらえ用の塩を振り、冷まします。その間に、甘酢をつくりましょう。

 

昆布だし180ml、梅酢120ml、砂糖大さじ5杯、塩小さじ1/2を鍋に入れて煮立せたら、冷ましておきます。

 

両手を使ってしっかりと絞ったショウガを保存容器に入れて、冷ました甘酢を注いで、冷蔵庫で2~3時間保存すれば、できあがりです。

この新ショウガの梅酢づけは、お好み焼き、そば焼き、お寿司に混ぜても、美味しく食べられます。

 

もやしときゅうりの梅酢おひたし

いつでも手にはいるもやしときゅうりを使った梅酢レシピはいかがでしょう。

 

材料は、もやし1袋、きゅうり1~2本、梅酢大さじ3杯、お好みで醤油少々、かつお節

 

もやしは軽く洗い、お湯を沸かした鍋に入れて、数分茹でます。きゅうりは、食べやすい大きさにカットしておきましょう。茹で上がったもやしをざるに上げ、両手で強く絞って水気を切ります。

ボールにもやし、きゅうりを入れたら、梅酢を入れて、軽く混ぜれば、できあがり。食べる直前に、醤油、かつお節をかけて、お召し上がりください。

 

なすの梅酢炒め

なす嫌いの方も美味しく食べられるなすの梅酢炒めの材料は、なす2本、梅酢大さじ1~2杯、ごま油大さじ1~2杯、かつお節少々

なすを縦に5~6等分にカットして、ごま油を引いたフライパンでじっくりと焼いていきます。

 

両面こんがりと焼きあがったら、その上に、梅酢を回し入れて、お皿に。食べる直前にかつお節をかけて、できあがり。梅酢でさっぱりがおすすめですが、醤油が欲しい時は、梅酢と相性の良いポン酢がおすすめ。

 

いかがでしたでしょうか?ぜひ、参考にしてみてくださいね。