梅酢は飲み方次第で効果が変わる。美容やダイエットにいい量やタイミングは?

スポンサーリンク
お酢のレシピ

 

 

今ではダイエットや美容に良いとされ美容グッズコーナーにも取り扱われたりしている梅酢。

 

梅とお酢それぞれの成分の効能が似ていることもあり、味の相性も良く市販の物ではハチミツやお砂糖などを加え更に飲みやすくなっています。

 

美容やダイエットだけに留まらず、健康維持や

疲労回復効果も期待できる成分も沢山含まれています。

そんな女性に嬉しいこと盛りだくさんの梅酢。

梅とお酢それぞれにはどのような成分が入っているのでしょうか?

スポンサーリンク

梅とお酢それぞれの有効成分

まず、梅にはミネラルが多く含まれることから、夏バテ予防や古くからは体調不良の際薬代わりに使われていたほど疲労回復作用もあります。

 

また、ビタミンCも豊富に含まれ、レモンと匹敵するほどのクエン酸も多く含まれています。

 

身体が疲れた時に必要な成分が梅だけでも沢山つまっています。

 

次にお酢の中にも梅同様クエン酸が多く含まれています。

 

クエン酸の効果でも有名な疲労回復が体内に老廃物を留まることを抑えてくれます。

老廃物は老化の原因でもあるため結果、健康だけでなく美容にも良いと言われているんですね。

 

美容は健康からとも言えるのでクエン酸は美容目的の方にはオススメ成分の1つでしょう。

更にお酢の中には抗菌作用があり腸内環境を整えてくれます。

便秘解消になることからダイエットに毎日お酢を摂取する方も多いです。

 

便秘解消されることで、お肌も美しくなります。

お肌は腸の鏡とも昔から言われていますね。

 

そんな女性には嬉しい有効成分がたっぷりつまっているのが梅酢です。

梅酢の飲む量は?

ダイエットや美容のためには毎日続けることが大切とされています。

 

ダイエット目的であれば、糖分を控える量として毎日ティースプーン一杯ほど食事中に摂ることが効果的です。

 

健康や美容のためであれば、食事中か食後に30ミリまでの量を毎日続けて飲むことて効果を期待できます。

 

梅酢の飽きずに続けるコツ

毎日続けるために、飽きない飲み方もいくつかあると良いでしょう。

おススメの飲み方としては、梅酢をあらゆる飲み物と割ることで楽しめます。

 

夏場やさっぱりしたい時は炭酸割り。ダイエットの方は無糖の炭酸水で割り、

食事中に飲むことでお腹もほどよく膨らみ食べすぎ防止にもなりますよ。

 

お酒が好きな方は焼酎割りで。冬場などは温めた焼酎の中に30〜50mほど入れてみても良いでしょう。

ついつい美味しくて飲み過ぎてしまうと逆効果になってしまうので気をつけましょうね。

 

梅酢の量は1日多くても50ミリほど位まで摂取できたら充分ですので目的別に量などを工夫しながら毎日続けて美容やダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか?