もずく酢は飲む?飲まない?三杯酢の汁まで飲むほうが効果ある?

スポンサーリンク
お酢の豆知識

身体に良いとされるもずく酢。値段もお手頃ですし、食欲がないときでもお酢の爽やかな酸味でスルッと食べられてしまいますよね。

 

でも美味しくもずくを食べたあと、三杯酢の汁を全部飲むか飲まないか迷ったことはありませんか?.

 

酢なので身体にいいはず、そう思っている方も多いと思います。しかし、もずく酢の三杯酢には塩分や糖分が意外と多く含まれているため、できれば飲まない方がベターです。

 

スポンサーリンク

もずく酢の三杯酢とは?

もずく酢に入っている三杯酢とは、酢に醤油や砂糖またはみりんを合わせた合わせ調味料のことです。

 

酢と醤油だけを合わせた二杯酢に比べ、砂糖を加えるのでほどよい甘味があるのが特徴。私たち日本人にとってなじみのある調味料からできており、もずく酢の酸味をマイルドにしてくれる長所をもっています。

 

もずく酢の塩分糖分量はどのくらい?

もずく自体は藻類なので、ヘルシーでほどんどカロリーを含みません。ただ、酢を加えただけだと食べにくいため、美味しく食べるために塩や砂糖を加える場合が多いようです。

 

一人前の三杯酢で塩小さじ1/5、砂糖大さじ1/2、醤油大さじ1/2くらいを使っています。市販品にはさらに添加物や保存料が含まれていることも多いので、なるべくタレは全部飲まないようにすることをおすすめします。

 

もずくのカロリーと糖質はほぼ0、なのに1カップ約24~50キロカロリー

スーパーやコンビニに売られている三杯酢を使ったもずく酢が、どのくらいの塩分や糖分を含んでいるのか気になったのでいくつかリサーチしてみました。

 

・A社 味付けもずく三杯酢 1パック70g

24キロカロリー、糖分5.6g、塩分1.1g

 

・B社 沖縄県産もずく 1パック80g

36キロカロリー、糖分7.7g、塩分1.2g

 

・C社 味付けもずく 1パック70g

50キロカロリー、糖分0.8g、塩分0.8g

 

スーパーやコンビニで売られているパックのもずく酢は、値段も安くダイエットや健康維持のために摂り入れやすい印象があります。でもこうして調べてみると塩分糖分量が意外と多いことが分かりました。1パックあたり約1gの塩分が含まれています。

 

ちなみに厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量目標値は、男性8g、女性7gとなっています。

 

塩分を控えたいなら三杯酢は飲まない

酢自体は疲労回復やダイエットサポート機能をもつ優れた調味料なので、積極的に摂り入れたいですが、調味されたお酢=塩分糖分量が多い、という点に注意することが大切ですね。

 

その為、もずく酢の三杯酢はできれば残した方がよさそうです。