血圧ケア対策にバナナ酢|効果のあがる飲み方とタイミング

スポンサーリンク
お酢のレシピ

 

バナナ酢の効果効能は、テレビや雑誌などで広く紹介されているように、最近では健康飲料として注目されています。

 

ここでは、バナナ酢の効果的な飲み方や豆知識などを紹介します。

スポンサーリンク

バナナ酢の効果的な飲み方

バナナに含まれるカリウムには、体内の余分な塩分を排泄する作用があり、その結果として血圧を下げることが分かっています。

 

また、さまざまな臨床試験から、お酢にも血圧を下げる効果があります。

 

このように、バナナ酢に含まれる栄養素は、血圧を下げ、血液をサラサラにしてくれます。

 

バナナ酢の効果的な飲み方は次のようになります。

 

バナナ酢の飲むタイミングは食後

血圧対策としてバナナ酢を飲む場合、ベストなタイミングは食後です。

 

朝、昼、晩の3回を目安に飲むようにして、空腹時に飲むのは避けるようにしましょう。

 

酢には食欲増進効果があり、空腹時に飲むと食べ過ぎてしまうことになります。

 

また、酢は胃への刺激が強いので、水で薄めて飲むようにしましょう。

 

バナナ酢は少量を毎日がベスト

バナナ酢は、少量を毎日摂る方が、血圧対策の効果があります。

 

15ml~30ml程度のバナナ酢を、水で8倍くらいに薄めて飲んで下さい。

 

血圧対策は長い期間の生活習慣が大切です。健康な身体を維持するためは、バナナ酢を毎日、少しずつ飲み続けることです。

 

アレンジ自在!飽きないバナナ酢

バナナ酢の味をアレンジして楽しむことも、長く続けていく秘訣です。

 

バナナ酢を牛乳と薄めると、カルシウムが豊富になりますし、ヨーグルトのような味わいになります。

 

また、豆乳やヨーグルト、りんごジュース、オレンジジュースとバナナ酢を組み合わせて、味のバリエーションを楽しむこともできます。

 

さらに、ゼラチンで固めたら、バナナ酢ゼリーにもできます。

バナナ酢をもっと効果的に

バナナ酢は、血圧を下げる効果の他にも、ダイエットや便秘解消、美肌、疲労回復、デトックスなど、女性にも男性にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

バナナ酢は、作り方や保存期間などを工夫することで、お酢ドリンクとしてより効果的に、生活の中で活用することができます。

 

黒酢と黒砂糖で栄養価をアップ

バナナ酢の材料は、バナナと酢、砂糖の3つですが、酢と砂糖は種類によって栄養価に違いがでます。

 

酢は、純米酢、もろみ酢、リンゴ酢などがありますが、アミノ酸が豊富な黒酢がおすすめです。

 

また、安価な合成酢は効能がほとんどないので、栄養価の高い醸造酢を使うようにしましょう。

 

砂糖は、ミネラルが豊富な黒砂糖がおすすめですが、黒砂糖の量を減らし、ハチミツを加えて栄養価を高めることもできます。

 

バナナ酢の保存期間

バナナ酢は、常温で1年間くらいは保存できますが、2~3週間ほどで飲み切るのが理想です。

 

バナナの成分は酢の中に溶けだしているので、バナナは2週間ほどで取り除きます。取り出したバナナは、食物繊維が残っているので食べると良いです。

 

バナナ酢は飲み過ぎに注意

酢には酢酸成分が含まれており、多少なりとも物を溶かす力があります。

 

そのため、酢を過剰に摂取すると吐き気や胸やけなど、胃に負担がかかり、胃痛の原因になることがあります。飲み過ぎや、原液で飲まないように注意しましょう。