バナナ酢で痩せ体質ダイエット|効果をあげて成功させるポイント

スポンサーリンク
お酢のレシピ

 

酢にはさまざまな健康効果があり、バナナも栄養が豊富です。

 

この2つを組み合わせたバナナ酢は、ダイエットで相乗効果を期待することができます。

 

ここでは、バナナ酢の痩せ効果と、効果的なダイエットのやり方について紹介します。

スポンサーリンク

バナナ酢で痩せ体質に

ダイエットで成果を上げるためには、食事を改善しながら、痩せやすい体質に変えていくことが大切です。

 

バナナ酢の酢には、ダイエットに効果がある酢酸、クエン酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

また、バナナには、食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれており、これらの栄養素が痩せ体質に変化させてくれます。

 

血糖値の上昇を抑えるバナナ酢

酢には、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。血糖値の急激な上昇は、脂肪の合成に繋がり、太りやすい体質になっていきます。

 

このような血糖値の上昇を抑えるために、食前にバナナ酢を飲むことで、体脂肪の原因となる血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。

 

脂肪燃焼効率もアップ!バナナ酢

お酢に含まれているアミノ酸には、脂肪分解に関わる酵素を活性化させる働きがあります。

また、お酢には、代謝機能をアップさせて脂肪が燃焼しやすくするクエン酸やビタミン類が豊富に含まれています。

 

さらに、バナナにはカリウムが豊富に含まれており、余分な水分を排出し、新陳代謝が良くなります。

 

これらのことよって、脂肪燃焼効率が高まり、痩せやすい体質に変わっていきます。

 

バナナ酢で腸内環境を整えて便秘解消

腸内環境が悪化していくと、善玉菌が減り悪玉菌が増えていきます。

 

悪玉菌が増えると、便秘を引き起し、腸内の血流も悪くなり代謝機能が低下していきます。慢性的な便秘はダイエットの大敵です。

 

腸内環境を整えることこそ、ダイエットを成功させるポイントになります。

 

酢に含まれる酢酸と、バナナに含まれる食物繊維とオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれます。

 

また、バナナに含まれるペクチンは、腸のぜん動運動を活性化し、便秘を予防してくれます。

効果的なバナナ酢ダイエット

バナナ酢ダイエットは、バナナ酢を水や炭酸で割って飲むだけの簡単な方法です。

 

ただ、より効果的な材料でバナナ酢を作り、効果的なタイミングでバナナ酢を摂取することが大切です。

 

バナナ酢の飲むタイミング

食後の血糖値の上昇を穏やかにさせるためには、食前か食事の前半に摂取するのが効果的です。

 

また、バナナに含まれている食物繊維は、胃や腸で膨張し満腹感を得ることができるので、食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

 

さらに、代謝を上げるためには、体温が上がっている運動後や入浴後に飲むのも効果があります。

 

バナナ酢+黒酢と黒砂糖

もろみ酢やワインビネガーなど、酢にもいろいろ種類があります。

 

バナナ酢で使う酢は、アミノ酸が豊富な黒酢がおすすすめです。

 

黒酢に含まれるアミノ酸は、米や小麦で作られた穀物酢の約10倍含まれています。

 

アミノ酸が多く含まれているほど、脂肪はよく燃焼されていきます。

 

また、黒砂糖に含まれるミネラルやビタミンは、ブドウ糖が腸に吸収されるのを遅らせる効果があり、ダイエットには効果的です。

 

バナナ酢は飲み過ぎに注意

バナナ酢を牛乳やヨーグルト、オレンジジュースなどと割ると美味しく飲むことができます。

 

しかし、大量に飲むとカロリー過多になることもあるので注意しましょう。