クエン酸水のスプレー作り方|簡単に出来て掃除がはかどるテク

スポンサーリンク
未分類

家庭の水垢・除菌・消臭に活躍するクエン酸スプレー。安全性が高く、キッチンやお風呂、洗面所等の水回りにも安心して使用できるというメリットがあります。

 

ちなみに、クエン酸とは、レモンやオレンジ等の柑橘類に含まれている酸の一種です。

 

食用と掃除用の2種類がありますので、掃除に使用する場合は掃除用のクエン酸を選んでくださいね。

 

そのクエン酸を使ったクエン酸スプレーの作り方、用途について、アドバイスします。

 

スポンサーリンク

クエン酸スプレーの作り方

用意するものは、クエン酸(掃除用)小さじ2分の1~1杯、水100CC、100円ショップ等で売られているスプレー容器です。クエン酸の量は汚れ具合によって調整してくださいね。

 

作り方は、クエン酸、水をスプレー容器に入れ、軽く振ってクエン酸が溶ければ、完成です。

 

おすすめの掃除場所

 

クエン酸スプレー・トイレ編

トイレでは、掃除だけでなく消臭にも活用できます。便器にクエン酸スプレーを振りかけ、ブラシ等で汚れを落としましょう。尿石等の頑固な汚れは、トイレットペーパーを汚れに置いて、その上からスプレーし、しばし放置します。ブラシでこすり落とせばピッカピカ。トイレのアンモニア臭もスッキリです。

 

クエン酸スプレー・キッチンの水垢編

キッチンのシンク内の汚れ、蛇口の水垢はクエン酸スプレーでピッカピカになります。汚れのある箇所にスプレーしてスポンジ等でこするだけ。コーヒーメーカー、電気ポット等の汚れにもおすすめです。

 

クエン酸スプレー・お風呂の水垢編

お風呂場の鏡に水垢は付いていませんか?その水垢をクエン酸スプレーでピッカピカにしましょう。

 

お風呂で使う石けんは石けんカス・黒ずみ・カビ発生の原因になりますので、定期的な掃除がおすすめです。

 

もちろん、アルカリ性のシャンプー汚れにもおすすめ。クエン酸で中和して、床や排水口もピッカピカですよ。

 

ですが、頑固な黒ずみはスプレーしてこするだけでは落ちないかも?!そんな時は、キッチンペーパーを活用しましょう。

 

黒ずみの場所にキッチンペーパーを置き、その上からスプレーして2~3時間放置します。後はスポンジやブラシでこすれば、掃除完了です。

 

クエン酸スプレーでは落とせないもの

クエン酸スプレーは手垢・皮脂・血液等のたんぱく質の汚れ、酸性の油の汚れに関しては、思うような効果が得られません。

 

また、絶対に混ぜてはいけないものがあります。それが、塩素系漂白剤です。

 

誤って混ぜてしまうと、有毒な塩素ガスが発生し、命を危険にさらす恐れがあります。

 

クエン酸スプレーは安全なものですが、お風呂場や洗面所、キッチン等で塩素系漂白剤を使用する方は、ご注意ください。