失敗しない柿酢の作り方|美味しく飲めるドリンクレシピ

スポンサーリンク
お酢のレシピ

様々な健康効果をもたらす「柿酢」。柿と酢の組み合わせと聞いて、どんなものか想像つかないという方も多いのではないでしょうか。

 

柿とお酢にはそれぞれ身体に良い栄養がたっぷり。その二つの力を効率的に引き出してくれるのが柿酢です。

 

今回はそんな柿酢の作り方や美味しいドリンクレシピをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

柿酢のすごい健康効果

柿酢には、柿と酢の健康効果が相まって身体に良い成分が含まれています。

 

ダイエット効果

柿酢には、フラボノイドという成分が含まれています。この成分は身体に溜まったコレステロールを減らし、体重の増加を防いでくれます。

 

抗酸化作用でアンチエイジング

柿とお酢の両方に含まれる抗酸化作用で、酸化に強く老化防止につながります。

 

サラサラ血液をサポートするポリフェノール

ワインの60倍のポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールは血液をサラサラにしてくれる成分。生活習慣病の予防にもつながります。

 

柿酢の作り方と美味しいレシピ

難しそうに思う柿酢作りですが、家庭でカンタンに作ることができます。早くできるので柿酢作りが初めての方にもおすすめです。

 

用意するもの…柿、深めのタッパーなどの容器、ふきん

 

柿の表面についている天然酵母に働いてもらうため、洗わずそのまま使います。ゴミやヘタは取り除いてくださいね。

 

ヘタを下向きにしてタッパーに並べ、ふきんをして直射日光のあたらない場所で保管します。

 

一週間程で発酵がはじまるので、熟した柿を混ぜ酵母菌を全体に行きわたらせます。

 

ぷくぷくとした発酵が終わったら柿酢をザルでろ過し、柿酢の完成です。

 

カビや濁りが…!柿酢作りをする際の注意点

普段見なれない発酵現象に、アクシデントが発生すると焦ってしまいますよね。

 

そこで柿酢作りの際によくある事象をまとめてみました。

黒カビや赤カビが発生してしまったら

何らかの原因で柿酢にカビ菌が入ったときに起こります。

これらはすべて腐敗菌となり、繁殖力が強いのでもったいないですが捨ててしまいましょう。

カビを防ぐためには、むやみに容器を開けないことです。

カビの胞子は目に見えないので、知らず知らずのうちに混入してしまいます。

 

白く濁ったものが出てきた

柿酢の表面が白く濁ってしまうことがあります。

 

これは発酵菌といって発酵を助ける大切な成分。

 

カビではないのでそのまま混ぜ込んでしまって大丈夫です。

 

柿酢を美味しく楽しめる!ドリンクレシピ

作った柿酢をアレンジして美味しく飲めば、楽しく健康維持ができます。

 

ハチミツ柿酢ドリンク

コップ1杯の水に、柿酢大さじ1、ハチミツ大さじ1を入れて混ぜればビタミン豊富なハチミツ柿酢ドリンクの完成です。

 

柿酢ミルク

コップに牛乳を注ぎ柿酢大さじ2、コンデンスミルク大さじ1を入れて混ぜるだけです。

 

甘くて酸っぱい飲みやすい健康ドリンクになります。

 

柿酢ジンジャーエール

柿酢、すりおろししょうが小さじ1、ハチミツ大さじ1を炭酸水に混ぜて完成です。

 

さっぱりと飲みたいときはハチミツは入れなくてもOKです。

 

今回は、高い健康パワーを持った柿酢について記述してみました。手作りの柿酢でアレンジも楽しめるので、みなさんもぜひ柿酢生活をはじめてみてください!