酢にんにくの作り方。疲労・ダイエット・健康作りにおすすめのポイント

スポンサーリンク
お酢のレシピ

万能調味料として注目されている「にんにく酢」をご存じでしょうか。

 

にんにくも酢も身体に良い上、にんにく酢は色々な料理にも使えます。

 

そこで今回は、疲れたときやダイエットをしたいときなどにもおすすめしたいにんにく酢の魅力、作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

にんにく酢のここがすごい

スタミナ食材として知られているニンニクですが、風邪などの細菌と戦ってくれ、お酢には食欲を増進させる作用があります。

 

その両方の良い所を一度に摂れるのがにんにく酢なのです。でも、にんにく酢の驚くべき効能はこれだけではありません。

 

酢にんにくの疲労回復効果

ニンニクのニオイ成分、アリシンは、エネルギー代謝に必要なビタミンB1の働きをサポートします。

 

また、お酢に含まれる酢酸は体内でクエン酸に変化し、疲労物質である乳酸を分解&代謝し、外へ排出してくれます。

 

そのため疲労回復がスムーズに行われるといったしくみです。アリシンとお酢には胃液の分泌を促進する働きもあるので、食事から摂った栄養を吸収しやすくしてくれるほか、消化も助けてくれます。

 

ダイエットにもおすすめ酢にんにく

ビタミンBが活性化することで新陳代謝が高まりダイエットに効果的です。

 

また、にんにくと酢を一緒に摂ることで、腸内環境を整えます。

 

お酢には殺菌作用があるので、腸内の悪玉菌を抑制し、排泄をスムーズにしてくれます。

 

溜まったものをスッキリ外に出すことでダイエット効果が期待できます。

 

基本のにんにく酢の作り方

にんにく酢は自宅にあるもので簡単に作ることができます。

 

【材料】

にんにく10個

酢500cc

 

【作り方】

  • にんにくの皮をむき水洗いし、水分をしっかり拭く
  • 保存瓶などににんにくと酢を入れ漬けこむ
  • 一か月程経てば完成です。

 

一週間くらいたつと、にんにくとお酢が化学反応を起こし、青く変色します。ちょっとビックリするのですが、そのうち黄色っぽく変化し、おいしいにんにく酢になりますよ。

 

臭いが気になるときは電子レンジを活用

にんにくを酢に漬けることで匂いが少しづつおさまるのですが、一か月も待てない!という場合は電子レンジで加熱したにんにくを使ってみてください。もちろん効能はそのままです。

 

【作り方】

  • にんにくは皮をむかず30秒くらい電子レンジで加熱する
  • 粗熱が取れたら皮を向き、保存容器に入れ酢を注ぐ
  • 冷蔵庫で1日以上置けば完成です

 

黒酢で作れば「黒酢にんにく」を作ることができますよ。

 

にんにくのアリシンとビタミンB1、お酢のクエン酸のトリプル効果で疲労回復やダイエットにも効果的な自家製にんにく酢を、みなさんもぜひ作ってみてください。