バナナ酢で効果がでない?効果をあげる作り方・飲み方

スポンサーリンク
お酢のレシピ

まろやかな口当たりで飲みやすいと評判のバナナ酢。バナナ酢には、どのような効果があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

バナナ酢ダイエットの効果

まず、バナナのもつ疲労回復、便秘解消、高血圧予防。酢には、代謝促進作用、血流改善作用等の効果があることが知られています。この2つの素材を合わせて摂取することで、効果は倍増ですね。

 

中でも、バナナ酢をおすすめしたいのは、ダイエット中の方です。酢に含まれている酢酸には100以上の成分が含まれていると言われますが、酢のもつ酢酸・クエン酸等の有機酸には身体のエネルギーをつくるクエン酸回路の活性化があります。

このクエン酸回路にバナナのもつブドウ糖がエネルギー産出をサポートすることで、エネルギー代謝・基礎代謝が活発になります。その結果、脂肪を蓄積しにくい身体をつくることができるということです。

食物繊維がたっぷりの頼れるバナナ酢

バナナのもつ食物繊維は、お腹スッキリにも効果的です。腸内にたまった老廃物は、1日1回の排出が基本です。その基本が乱れると、腸内に排出されない老廃物がどんどんたまり、お腹が溜め込みがちになったりもします。

お腹が重い、ニキビができた、手足の冷えが気になる等、これすべて血行がスムーズに促進されていないことが原因です。その原因を解決できるのが、バナナ酢です。

 

ちなみに、バナナが高血圧を予防する理由は、バナナに含まれているカリウムにあります。カリウムは足や顔、手等の浮腫み対策にもおすすめの栄養素です。このカリウムも、ダイエットにはぴったり。

バナナ酢が、ダイエットにおすすめだと言われる所以が分かって頂けましたでしょうか。

 

バナナ酢の作り方

材料

バナナ100g、酢200CC、黒糖または氷砂糖100g

皮をむいたバナナを2センチほど大きさの輪切りにします。保存容器に黒糖、または氷砂糖とカットしたバナナ、酢を入れたら、そのまま蓋をせずに、電子レンジで30~40秒加熱しましょう。加熱後は蓋をして、常温で保存すれば、完成です。翌日から飲むことができますが、気温が高い日、夏場は冷蔵庫での保管をおすすめします。

 

効果的な飲み方は?

美味しい飲み方は、水・炭酸・牛乳・豆乳で割って飲むのが美味しい飲み方ですが、健康、ダイエットのことを考える方は、ぜひ、そのまま飲んでみましょう。

ただし、飲み過ぎには注意です。バナナ酢は口当たりが良く、ついつい飲み過ぎてしまうと言う方も少なくありません。

ちなみに、飲むタイミングは、朝昼晩の1日3回。1回につき、大さじ1杯が目安です。食事前の大さじ1杯と覚えておきましょう。