レモン酢の残ったレモンを美味しく活用するレシピ

スポンサーリンク
お酢のレシピ

さっぱりとした口当たりのレモン酢は炭酸や水で割っても、また、青汁に少量入れてもOK。毎日の料理に調味料代わりに使っても美味しく仕上がると大好評です。

スポンサーリンク

レモン酢のレモンを使った健康食レシピ

 

飲んでしまった後のレモン、あなたはどうしていますか?捨てるのももったいないし、でも、何にアレンジすれば良いのか・・・と迷うっている方におすすめのレシピを紹介します。

 

ちなみに、レモン酢の作り方は、レモン1~2個、氷砂糖180g、酢400mlになります。

 

スライスしたレモン、酢と氷砂糖を耐熱容器に入れてラップをせずに電子レンジで30秒加熱します。蓋をして、常温で12時間置けば、できあがりです。漬け込んだレモンは、そのまま常温で1年ほどの保存が可能です。

 

梅雨時におすすめ!鶏のレモン酢煮でさっぱり

鶏のレモン酢煮は、べたつく梅雨時から体力が低下する夏に食べて欲しいさっぱりレシピです。

 

材料

鶏手羽元300g、レモン酢大さじ4杯、レモン酢のレモン数枚、醤油大さじ2杯、ケチャップ大さじ1杯、水大さじ2杯、コショウ・パセリ少々

 

鶏手羽元の臭みをとるために下茹でした後、鍋に鶏手羽元、レモン酢、醤油、ケチャップ、水を入れ、レモンをその上にのせて煮詰めます。お皿にのせて、刻みパセリ・コショウ等を振ったらできあがりです。

 

とっても簡単!レモンジャム

朝食のパンにいかがですか?

 

材料

レモン適量、グラニュー糖大さじ3杯、水140CC

レモン酢のレモンを取り出したら、みじん切りにします。お鍋に水140CC、グラニュー糖大さじ3杯とみじん切りにしたレモンを入れて、煮詰めていきましょう。

 

とろりとしたら、できあがりです。

 

箸休めにおすすめ!大根のレモン酢

さっぱりとした口当たりが好評な大根のレモン酢。こってりご飯の箸休めにいかがですか?

 

材料

大根適量、レモン酢適量、レモン1枚

レモン酢を飲み切っている場合は、リンゴ酢でも食酢でもOK。

 

大根を適当な大きさにカットしたら、レモン酢、みじん切りにしたレモンと一緒に保存容器に入れましょう。2~3時間置けば、できあがりです。

 

乾燥させて便利に活用!ドライレモンのすすめ

レモン酢のレモンは、オーブンを使って乾燥させましょう。天日干しが良い方は天日干しでもOKですが、確実に乾燥させるにはオーブンがおすすめです。

 

お客さまが来られた時、紅茶にドライレモンを添えてみてはいかがですか?

 

実は、ホット紅茶にドライレモンを入れれば、元通りのふっくらとしたレモンに戻りますので、安心してくださいね。

 

これらのレシピの他にも、みじん切りにしたレモンをサラダにのせても、とんかつの薬味代わりとしてもおすすめ。

 

また、塩分を控えたい時にはそのまま焼き魚に乗せても、OK。ビタミンCたっぷりのレモン、最後まで美味しく食べて、アンチエイジングを目指しましょう。